Q:手ではなく、足を使うのですか?

はい、足で施術いたします。手よりも広い足の「面」を使うことで、
手に比べて効率よくほぐせます。


Q:痛くないですか?

セラピストは片足を軸に立ち、もう片方の足で施術します。踏みつけ
たり乗ったりはいたしませんのでご安心下さい。やさしい刺激に眠っ
てしまわれる方もいらっしゃいますよ。


Q:上半身だけ受けたいのですが・・・

フーレセラピーでは、全身の血流をよくすることでコリや疲れをとり
のぞきます。そのためには下半身の老廃物をきちんと流すことが重要
です。下半身のめぐりが良くなることで上半身もより効果的にほぐれ
ますので、下半身の施術は必ず入ることをご了承下さい。


Q:どんな効果がありますか?

血液やリンパ液の流れがよくなることで、冷えやむくみの解消が期待
できます。また、筋肉にもアプローチしますので、肩こりをはじめと
する日頃のお疲れの解消にもお役立て下さい。


Q:生理中でも施術を受けられますか?

はい、大丈夫です。血の巡りが良くなりますので、生理中の冷えや
むくみがお楽になると思いますよ。


Q:服装はどうすればいいですか?

お着替えを用意してありますので、服装は気にせずお越し下さい。
なお、足裏のみ25分コースの方はソックスを脱いで着替えずに行い
ますので、寝転がってもいいような服装でお願いします。


Q:子供連れで行ってもいいですか?

申し訳ありませんが、お子様連れはご遠慮下さい。


Q:フーレセラピーを受けられない場合がありますか?

はい、ございます。
急性炎症性のご病気やその部位への施術は禁忌です。詳しくは下記を
ご覧下さい。また、施術直前のお食事や施術前後の飲酒は避けていただ
けるようお願いします。




【フーレセラピー禁忌症】
  ◆急性炎症性疾患(病気および骨折、脱臼、創傷の初期)
  ◆安静を要する内科疾患(潰瘍、心臓疾患、腎臓疾患、肺疾患など)
  ◆血管に病変のある場合(動脈瘤、静脈血栓、動脈硬化症など)
  ◆腹部の炎症(胃潰瘍、腸炎など) 

【フーレセラピーを禁忌すべき場合】
  ◆疲労、衰弱がはなはだしい場合
  ◆心臓や肺などの重い疾患で、脈が弱く速い場合(1分間に100以上)
  ◆熱が高い場合
  ◆出血しやすい病気や状態にある場合
  ◆皮膚に炎症や広範囲の疾患がある場合
  ◆妊娠している時
  ◆飲酒時
  ◆骨粗鬆症やその疑いのある方

 その他、ご不明な点はお問い合わせ下さい。